京都育英学園のご案内
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

学園長からのご挨拶 -京都育英学園のご案内-
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

学園長 -京都育英学園のご案内-
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

 不安定な社会の中で家庭環境や地域環境も変化し、子ども達も多様化しています。
 あなたの回りの子ども達の教育環境はいかがでしょうか? 一人ひとりの良いところは伸びていますか? また学力は向上しているでしょうか?
 私が塾生に絶えず実践していることは、一人ひとりと密なコミュニケーションを取っていることです。
 温かい気持ちで、ていねいな細かい学習指導を時間をかけて行っています。
 塾生たちに努力することがどんなに素晴らしいかを体験してもらうためです。
 努力の中のほんの小さな成功体験でも、それを積み重ねることで子ども達は自信を持ちます。
 32年間のこの様な人間味あふれる手づくりの教育で、実績を上げてきました。
 あなたの大切なお子様も育英学園で努力をしてみませんか!

育英学園の運営方針 -京都育英学園のご案内-
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

入園申込み受付中 -京都育英学園のご案内-
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

人は、自分の子孫にあらゆる方法で教育を行い、人間の本質を理解してもらおうとします。人はこれまで、その手段として、仕事や芸術を通して子どもを教育してきました。最近はスポーツを通じて行う指導もあります。しかし、やはり現在においては、一般的に学校教育においての知識を教えることだけが教育だといわれていると思います。確かに私自身も知識を教えるという方法によって、子ども達と接するのですが、そこで大切なのは、ただ知識を伝えるのではなく、真のプロフェッショナルとして、創意と熱意を持って塾生の指導にあたるということです。私どもが教えた知識も、一度では生徒の力にはなりません。頭で覚えた記録や公式は自分自身が解く立場で実行し、体感し、理解しなければ本当の力にはなりません。
その知識を知恵にするまでの過程が本当に大切であり、その距離をどのようにして歩むか、また実行できるかがポイントです。そこでは、精神的な支柱がどうしても必要となります。
私は生徒たちに常に励ましの声を掛け、見守り続け、また、特に受験生たちとは多くの時間を掛けて共に受験を戦い抜くという形態で、これまで彼らの心の支えとなってきました。
私どもは、教えられる方、教える方の両方が熱い気持ちをこめて戦うことにより、自分で将来を見据えることができる生徒を世に送り出すべき指導をしていきます。

入退室メール -京都育英学園のご案内-
京都・西陣の進学塾【京都育英学園】

育英学園ではご希望により、お子さんの入室退室時刻を保護者様のメールアドレスにほぼリアルタイムでお知らせします。
また、このメールで保護者の方との連絡をしています。
毎週のテストの成績と宿題のチェック、及びご父兄のご要望やこちらが気のついたお子さんのご様子等、密にご相談させていただいています。